Gmailの整理が半分くらいまで進んた

Windows Live MailからThunderBirdに完全乗り換えという方向に方針決定し,フィルタリングルールを追加しながら受信メールの整理を行っているところだが,一つ手順を間違えて間違えてしまったようだ.昨夜相当長時間を掛けて作ったフィルタリング設定がすべて消えてしまった.これはおそらく受信メールの保存フォルダをThunderBirdのデフォルト設定から変更して外部HDに保存するようにしたためと思われる.この設定変更は前に一度実施しているが,なぜか元に戻ってしまっていたため再設定しているので元のフォルダと同期を取る必要がある.⇒デフォルトの保存場所からデータをコピーして復活するかどうかを見てみよう.⇒ダメだ.データはすべてコピーしたつもりだが消えている.

どうもこの設計はあまりよくないような気がする.アカウントごとに受信メールの保存先を設定できるようになっているが,デフォルトの保存場所を見てみるとそれ以外のかなりのフォルダとファイルに紛れてしまうような場所に分散している.大元のプロファイルフォルダごと移設できればよいのだが,このフォルダは移動できないことになっている.受信フォルダを外部に置く理由はCドライブの負荷を軽くすることと,バックアップが容易にできるようにすることだが,これらをプロファイルフォルダから切り離すとどうも碌なことが起きない.ローカルフォルダは外部に持ち出せるので,むしろそれだけを外部フォルダとしそれ以外はThunderBird直下に置いておいた方が無難であるような気がする.

メッセージフィルタは復元でききた.msgFilterRules.datはC:\Users\babalabo\AppData\Roaming\Thunderbird\Profiles\jieemox4.default-release\Mail\pop.mail.yahoo.co.jpではなく,pop.mail.yahoo.co-1.jpに入っていた.つまり,ThunderBirdは何らかの設定変更が起きると,受信メールフォルダを追加して追番を付するような動作になっている.ちなみにローカルフォルダはPOPメールアカウントの受信メールフォルダと同位置に配置されている.現状ではローカルフォルダと受信メールフォルダは離れた位置にあるが,同じフォルダに移動しておこう.⇒東芝ポータブルHDが満杯になってしまった.このドライブはこれから常設ドライブとして使わなくてはならないので大胆に削減しなくてはならない.外付けHD全バックアップ 115GB 2013-01-30を破棄できれば115GB一挙に空くことになるが,このドライブはすでに廃棄してしまったので当面は温存されなくてはならない.

東芝HD まとめ 545GB 2020-03-19は545GBを占めているが,このフォルダに入っているのはすべてゼルコバの木関係なのでいま直ちにという訳にはゆかない.あとはWLM→TBへの移行に関わるものだけだ.WLM→TB 移行 2020-03-20だけで7.31GBあるのでこれだけ削減できれば当面は切り抜けられるが,廃棄できるだろうか?今の作業が失敗したときのことも考えなくてはならない.データ的には廃棄できると思う.現在のTBにはすでに復元可能なすべてのデータが含まれていると考えられるからだ.TB自体は複数バックアップされている.

ローカルフォルダのパスを変更して再起動でエラーが発生した.

image

ローカルフォルダの内容もかなり悪い.ほとんどのフォルダが空になっている.ARCHIVES.sbdフォルダの内部を見るとデータは入っているように見えるのだが…⇒操作を誤っていた.検索ボックスが作動していた.⇒一応昨日の最終形に戻せたのではないかと思う.⇒問題なく動作しているようだ.一つだけ気になるのはGmailの受信メールフォルダの並びにGMAIL.sbdというフォルダが作られている点だ.この中にはINBOXが入っている.このフォルダは不要というより,間違って作られたものではないかと思うのだが…Gmailの受信ボックスには現在4056(725)本が入っている.⇒これを外しても問題なく受信箱は開ける.

もう一つこのフォルダに入っているはずの添付ファイルの置き場所ATTACHMENTが消えている.⇒追加した.アカウント設定でそれぞれのフォルダパスを確認しておこう.

  1. GMAIL  E:\THUNDERBIRD DATA\GMAIL
  2. YAHOO  E:\THUNDERBIRD DATA\YAHOO
  3. LOCAL HOLDER  E:\THUNDERBIRD DATA\LOCAL FOLDER
  4. ATTACHMENT 

添付ファイルの保管フォルダを指定する場所がわからない.オプション→アカウント設定には入っていない.オプション→添付ファイルというメニューが不能表示になっている.ATTACHMENTフォルダが消えていたことに関係するのではないか?⇒無関係.選択したファイルが添付ファイルを持っている場合にのみ有効になる.

トラブルシューティング情報にも記載はない.⇒ファイルを保存するでATTCHMENTフォルダに入ってくるので認識されていることは確かだ.添付ファイルは個別に保存というオプションがあったはずだが…添付ファイルメニューは使えるようになったが,保管場所を指定するメニューはない.⇒わかった.オプションパネル⇒添付ファイルだ.ここで保存先をを設定できる.「ファイルごとに保存先を指定する」では多分→添付ファイルで「保存」を選択したときの動作が変わるのだろう.⇒そのようだ.ファイルの種類によって動作設定できるようになっているが,使い方がわからない.どうもいまいちTBの添付ファイルの操作は分からないが,個別ファイルごと保存先を指定するとしておこう.

ThunderBirdをまるごとバックアップするのに5GB必要だ.今後はTHUNDERBIRD DATAのバックアップだけでよいとしてドライブを空けてバックアップしておこう.⇒Eドライブが9.6GBあるのでバックアップを取っておこう.まず,これで完全に落ち着いたと言えるだろう.あとはフィルターを整備してメールを分類するだけだ.

YAHOOの受信箱には804本入っている.まず,これらを片付けよう.⇒動作が少し変わってしまった.検索結果画面のレイアウトが違う.⇒検索ボックスを間違えていた.上下に2つボックスがある.上は検索画面を開き,下は受信箱の中でその形式で表示する.⇒Yahoo!アカウントの分は完了した.今後はすべて自動で振り分けができる.他のデバイスなどとの関係は入って来なければわからない.

Gmailには15,829本のメールが入っている.このうち受信箱に入っているのは720本.Gmailへの接続に失敗したという通知が入った.オフラインで作業しているのだから当然だろう.IMAPでメールの移動を行ったときの動作を見るためにオンラインに戻して操作することにする.フィルターはアカウントごとに独立になっているが,テキストファイルなのでコピーすればそのまま使えるはずだ.⇒編集して保存したが,反映しない.TBを落としてから保存し直して反映するようになった.アプリを閉じるとき一時ファイルを書き戻しているのだろう.

かなりいい感じに動作している.多分これだけでかなりのメールを処理できているはずだ.⇒Gmailの受信箱は614本に減少した.720から614だから106本しか減っていない.昨日設定したはずのフィルタの一部が落ちているように思われる.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA