清水へ祇園をよぎる桜月夜 こよひ逢ふ人みなうつくしき

91439389_1802957206506737_1780176533017591808_o

就寝時間が毎日後方にずれて一巡し昨日は夕方6時ころになったので,久々に街に出かけた.入り口ドアは開け放たれ,店内にはアルコール消毒液も設置されている.当市でも発症者が出ているというのをそこで始めて聞いた.エジプトナイル川クルーズの参加者だったようで,同行したその人の妻も発症している.帰国後の一定期間JRを利用して東京まで通勤しているので,この一例から見てもすでに市中感染→感染爆発のフェーズに遷移したものと考えて間違いない.いまさら,「首都封鎖」したとしても手遅れだ…さて,いよいよ本作業に戻らなくてはならない.

どこまで進んでいたのか?現状をチェックしてみよう.Apacheを起動してlocalhostにアクセスしてみる.管理人IDでログイン→エラーが出た.

image

Please come back soonをクリックして管理画面には入れる.

image

管理画面の16個のアイコンはすべて問題なく開けた.一般ユーザとしてログインしてみよう.確か,一人くらい登録してあったはずだ.しかし,覚えていない.MyAdminでデータベースにアクセスしてみよう.データベースの名前はxoops25となっている.ユーザ登録されているのは管理人だけだ.管理画面の最初のページでView Accountをクリックすると上と同じエラーが起き,Come back soonで元の画面に戻ってしまう.以下のようなエラーが起きている.

Error : Error: Call to undefined function esc_sql()

None All Errors (28) Deprecated (4) Queries (44) Blocks (3) Extra (2) Timers(5)
SYSTEM WARNING: Unknown: Failed to write session data using user defined save handler. (session.save_path: C:\xampp7\tmp)

Errors(28)を開くと,以下の項目が赤字になっている.

0.000271 – SELECT * FROM wp_blogs
Error number: 1146
Error message: Table ‘xoops25.zelkova_wp_blogs’ doesn’t exist
0.000457 – SELECT * FROM modules WHERE dirname = ‘altsys’

また,最下部には上と同じ SYSTEM WARNING の行が赤字で表示されている.確かにデータベースにはxoops25.zelkova_wp_blogsというテーブルは存在していない.WordPressで使っているその他のテーブルは備わっているようだ.これはWordPressでまだ「ブログ」を一つも作っていないためではないかとも推定される.HTMLエディタBlueGriffonを(間違えて)起動したら下記のエラーになった.

image

原因はわからないが,もう一度ダウンロードして再インストールした.現在モジュールは下図のように13個インストールされているが,うち,pico, evennews, maitisの3つではボタンをクリックしてオープンした時にエラーが発生している.

image

evennews, mantisは最悪の場合は放棄ということも考えられるが,picoは「オンラインマニュアル」で使っているので何とか再生する必要がある.これらの3つのモジュールはデータベースを使っているためQUERYで上記WordPressのテーブルがないというエラーが発生している.もしかすると同じ原因でエラーが起きている可能性があるので,まずWordPressのテーブルエラーから見ることにしよう.WordPressの管理画面からWordPress Adminメニューを選択で以下の画面が出る.

image

ユーザ名・パスワードを設定→インストールには成功したが,以下のような警告が出ている.

Warning: Use of undefined constant XOOPS_PATH – assumed ‘XOOPS_PATH’ (this will throw an Error in a future version of PHP) in D:\XoopsCore25\htdocs\modules\wordpress\class\config_from_xoops.class.php(56) : eval()’d code on line 1
Warning: mysqli_connect(): (HY000/1045): Access denied for user ”@’localhost’ (using password: NO) in D:\XoopsCore25\htdocs\modules\wordpress\include\memory_limit.php on line 18
Warning: mysqli_close() expects parameter 1 to be mysqli, bool given in D:\XoopsCore25\htdocs\modules\wordpress\include\memory_limit.php on line 60

警告は3つある.最初のはXOOPS_PATHという古くなった定数が使われているというものだ.WordPress自体は本来XOOPSとは無関係の独立のアプリだが,XOOPSのモジュールとしてインストールされているので,そのために追加された拡張コードの中で使われているのだろう.つまり,WordPressモジュールが少し古いかないしアップデートされていないことが考えられる.2番目はユーザ名rootでパスワードなしという設定でデータベースへのアクセスが拒否されたことを意味する.これはかなりまずいような気がする.3番目はmemory_limit.php→mysqliの呼び出しで引数が間違っているというものだ.

ソースコードの修正が必要になる可能性があるので,まずバックアップを取っておくことにする.(今日はまだ始業時バックアップを取っていない)ミニノートのThunderBirdの方もバックアップしておこう.ミニノートではEドライブのTHUNDERBIRD DATAとAppData\rormingのThunderBird,PCではCドライブのxamppとDドライブのXOOPS25を取っておく.いや,違う.xamppではなくxampp7ではないか?⇒その通り.xampp7は731MB,XoopsCore25は84.3MBと思ったより小さい.MySQLもバックアップしておこう.127_0_0_1.sqlはXoopsCore25のバックアップの中に入れておく.このファイルは720KBだ.

どうもこの辺りまで来るとPHPのデバッグの領域に入ってしまうので,そろそろEclipseを導入した方がよいのではないだろうか?以前一度使ったことがあるが,多分もう少し進化して使い易いものになっているのではないかと期待しているのだが…Eclipse IDE 2020-03という最新版をダウンロード→ネットワークエラーで停止してしまった.⇒今度はうまく行った.Koreanサイトからのダウンロードになった.インストーラを実行してJavaの仮想環境がないというエラーが出る.

image

Javaをインストールするためにはネットに接続している必要がある.Eclipseのインストールにもネット接続が必要な場面があるようだ.⇒Eclipseのインストールに失敗した.

image

どうもリモートサイトからのダウンロードに失敗しているのではないかと思われる.もう一度やってみることにする.ダメだ.また失敗だ.⇒おかしい.WiFiには接続しているのにネットにアクセスできない.⇒PCを再起動→再インストールで成功した.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA