出窓のところに今年もまた訪れた鳩のつがい

北側の窓は冬囲いを解いて風が抜けるようにしている.東側の出窓はまだぷちぷちで覆ったままなので外は見えないが数日前から鳩が来て何やら物音がしている.出窓の上に巣を作ろうとしているのだろうか?まだ確認していないが,多分つがいだと思う.この鳩たちは毎年この季節になると戻ってきて巣作りをしようとしている.数年前に隣家の煙突の中に掛けた巣から追い出されたカップルだ.この鳩たちが温めかけていた卵を失った季節にわたしもたった一人の息子を失った.出窓のひさしに飛び移ったりするたびにかなり大きな音がする.東側の冬囲いも外して鳩たちの様子を見てみたい気もするが…⇒鳥が離れている間に開けてみた.今年もつがいで来ているのかどうか?という点が気になるところだ.

XoopsCore25でWordPressの蓄積データを復活させようとしているところだが,なかなかうまくゆかない.WordPressをXOOPSのモジュールとして使うためにはXOOPSとWPをつなぐ仲介となるXpressMeというモジュールが必要になる.XpressMeは内部にWPを抱えたような形態で実装されるが,どうもこの両者がシームレスに接続していないように思われる.XpressMe Integration Kitを開発・配布していたサイト http://ja.xpressme.info/ はすでに更新を停止していて,過去記事もほとんど削除されてしまっている.仮にwordpressモジュールの実装に成功したとしても,もしやるとすれば今後は自力でメンテナンスする以外の手段がない.これもかなりリスキーに思われるので,ひとまず退却することに方針決定した.つまり,WordPressをXOOPSから切り離して独立させるという方向だ.

WordPressで複数ブログを管理する方法は複数ある.WordPressを1個,データベース1個で複数ブログを管理する「マルチサイト機能」とWordPressを複数個インストールする方法があり,後者の場合には単一のドメインで行う方式と複数ドメインを用いる方式が考えられる.もっともシンプルなのは最初の方法だが,実装は結構厄介でセキュリティ上の問題を指摘する向きもあり,ロリポップではサブドメインを使ったWordPressの複数インストール方式を推奨している.どちらにしても,まずローカルで過去記事が読めるようにしなくては始まらないので,まず,それを試してみることにする.既存テント村ブログをローカルに移植できることはずっと前に確認している.基本的にはそのときと同じ手順で復元できなくてはならないのだが…参考のためにそのころのログを読み直しておこう.⇒いや,どうもそんな簡単な話ではなさそうだ.インストール済みのWPにlocalhostでアクセスしてみたが,データベース接続エラーが発生する.これを回避するためにwp-config.phpでデータベースアクセス用パラメータを設定すると,以下のエラーが起きる.

Internal Server Error

The server encountered an internal error or misconfiguration and was unable to complete your request.

Please contact the server administrator at postmaster@localhost to inform them of the time this error occurred, and the actions you performed just before this error.

More information about this error may be available in the server error log.

Additionally, a 500 Internal Server Error error was encountered while trying to use an ErrorDocument to handle the request.


Apache/2.4.41 (Win64) OpenSSL/1.1.1c PHP/7.4.2 Server at localhost Port 80

どうもWPは本来作り込まれたブログと一体化している模様で,localhostでアクセスした場合には最初にlocalhost/wp-admin/install.phpを実行しようとする.ここで矛盾が生じているものと思われるが,DBサーバーにすでに構築済みのブログデータがないと開けないようになっているのではないだろうか?この辺りにマルチサイト機能を実装しようとするときの難しさがあるのかもしれない.以前テント村を完全に再現できたとしているが,そのときのDBデータはバックアップしてあるだろうか?もしかすると,それすらやり直しになるかもしれない…⇒旧サイトデータをDBにロードしておくということも考えられるが,おそらくそれでもうまくゆかない可能性はある.というのは各種の秘密キーがインストール時に決定されてしまうようになっているためだ.XOOPSはXOOPS_SALTという値を持っているが,それとはまったく別のものだ.

ロリポップは最大30個までのデータベースを持つことができる.また,同一サイトに複数のWordPressをインストールすることを認めているのでWordPressを複数導入し,それぞれ個別にデータベースを使うというのが一番無理がない構成であるように思われる.テント村ブログをローカルに移植する作業はそれほど難しくはなかったはずなので,あとからやり直しはできるだろう.いまはとりあえず,新しいWordPressを1個導入してそれに保存してあるDBデータを背負わせて見ることにしよう.テント村のときは最初にMySQLにデータをロードしてからWordPressを導入という手順になっていたと思うのだが,違うだろうか?

テント村ではロリポップ!からサイトイメージをダウンロードし,それにサイトからMySQLでエクスポートしたデータをインポートしているから,基本的に完全に両者が整合していると言える.安全な手順としては,最初にロリポでWordPressとデータベースを追加導入し,それをローカルに持ち出すということも考えられる.この場合は保存データとの不整合はSQLを直接編集することで行うしかないように思われるが,確実に実施可能であるのならそれもやむを得ないのではないか?⇒WordPressのデータをエクスポート/インポートするという手段もあるようなのでそれを使うという方法もない訳ではない.このためにはもう一度古いサイトを復元しなくてはならないが…もしかするとそれが最短である可能性もある.ロリポにWPとDBを追加する際のパラメータを保存データに合わせるということももしかしたらできる可能性はある.それができればかなり実現までのステップを短縮できるのではないか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA