amory氏からワインが届いた!

午前9時起床,曇り.昨夜仕掛けたファイル転送がまた止まっていた.下記のパネルは昨日就寝直前に出ていたものだ.転送元の lenovo でWiFi接続が切れていた.再開して続行できたが,また切れている.38%くらいまで進んでいるが,残り時間は12時間くらいある.

WiFiが切れるというのはあまりよい兆候ではない.外部からアクセスされている可能性もある.しかし,ルーターに直接アクセスしているのならルーター自体が止まっているはずであり,lenovo の接続だけが切れるという現象にはならないのではないか?PCがスリープ状態になると通信も止まるが,電源オプションはスリープしない設定になっている.lenovo はかなり老いぼれているのでボケて切れ易くなっているということも考えられなくはない.

ファイルの転送量は70GB以上ある.これだけで Critea のDドライブは満杯になってしまう.むしろEドライブに送るべきだった.こちらなら1GB近くある.新ノートのDドライブは主に開発用の作業ドライブという位置付けなのでこんなに大きな荷物を背負いこむべきではない.SDDのCドライブの231GBのうちすでに56GBも使っている.

Cドライブの空き容量は175GBだ.ここにはインストールされたプログラムとデスクトップ,ドキュメントなどが入っている.SDDドライブは劣化するので頻繁に更新するファイルを置くのには適していない.画像ファイルなどをすべてここに蓄積してこのPCの寿命が尽きるまでの間に間に合うだろうか?クラウドを使うということも考えられなくはないが,クラウドを使ったとしてもローカルバックアップは発生する.Eドライブに画像専用フォルダを作るということも考えられる.

lenovo で大きいファイルを検索してみよう.LOGファイルがかなりある.これは捨ててもよいだろう.これを除くと「巨大ファイル」というのは14本しかない.ディスクの空き容量も8GB増えた.天皇家,ハプスブルク家の系図画像のほか,ダウンロードしたZIPやEXEがある.あとはHXQ, VIDB, WIMなどの特殊ファイルだ.lenovo のCドライブは421GBでほぼ使い切っている.ただし,このドライブはバックアップドライブ兼用なのでそれを除けばそれほどにはならないとは思われる.

分かり易い構成ということを考えるのなら,Windows が設定したドキュメント領域を個人データ用に使うというのが手っ取り早く確実なのではないだろうか?できるだけ「大勢に逆らわない」という方向で考えるならそれがベストソリューションということになる.Eドライブに画像などのファイルを移転するというのはCドライブがひっ迫してから考えてもよいのではないだろうか?とりあえず,そういう方針で臨むことにする.

amory氏からワインが届いた!絶対に横にしないという荷姿がすごい.こんなところまで「日々進化している」というのはまさに驚異だ.ヤマト運輸の「気配り」には驚嘆すべきものがある.

FJ310103

いつもながらamory氏のタイミングのよさには驚いてしまう.あのコメント投稿がなかったら今ごろはまだずるずるとなべ底を這っていたかもしれない…何気ない一言で情況が一変するということはあり得る.実際のところ,ロリポップ!にレポートを書くというのはわたしにとってかなりの苦い薬だった.ありがとうございました Gift with a bow

パスワードの整理が大体終わった.一番手こずったのはzelkova-tree.netのアカウントが使えなくなっているため金融機関などのダイレクトサービスでワンタイムパスワードの受け渡しができなくなってしまったことだ.ケータイかスマホがあれば何の問題もないところだが,有効なメアドに切り替えようとしてもその手続き自体にワンタイムパスワードが必要になるため手も足も出なくなってしまう.最後の手段は「郵送」で,実際少なくとも2件くらいはそのようにして処理したが,今回はzelkova-tree.netのアカウントを2つばかり復活させて切り抜けた.

問題はWindows 10のメールアプリではいわゆる「プロバイダーメール」を処理することができない(場合がある)という点だ.zelkova-tree.netのアカウントでは送信できなかった.Windows 10 のメールアプリでも pop メールを処理できるようになったと言われているが,「詳細設定」ができないため,たとえばポート番号を465 (SMTPS over SSL) に設定できない.

確かにメール本体をすべてクラウドに預けるという方式の利便性は高いが,その代償も高いものにつくかもしれない.どうすればよいか?暫定的にWindows Live Mail をインストールして引き続き使うことにした.Windows Live Mail は Windows Essentials に入っているが,すでにサポートは打ち切られマイクロソフトのサイトからはダウンロードできないが,以下から入手できる.

Windows Essentials 2012 (16.4.3528.0331)
日本語版(Windows 7,8.1,Windows Server 2008 or Windows 10)Windows10にWindows Liveメール2012をインストールする

移動するWindowsLiveMailの構成を維持しつつ別のPCへ完璧に方法

移行は簡単に終わったが,いくつか問題がある.古いメールの入っている「保存フォルダー」が見えない.Windows Live Mail は階層化したフォルダを持つことができるが,トップレベルは「アカウント」でなくてはならないためだ.つまり,すべてのメールはそのメールを送受信したアカウントの下に配置するという原則になっている.しかし,ドラッグ移動などしていてぽとんと落としたりすることもあるのだから,よそのメールが入ってきたからと言って読めなくなるという訳ではない.実際,保存フォルダーを特定のアカウントの下に移動したら見えるようになった.

しかし,まだいくつか見えないフォルダが存在する.Windows Essential には Windows Live Writer が同梱されているので一緒にインストールしてみたのだが,どうもいまいちのところがある.箇条書きに使うリストが出せない.なぜだろう?どうもこれはテーマと相性が悪いように思われる.プレビューにすると箇条書きになっているのだが,このテーマでは番号や「・」のマークが欄外にはみ出るようなレイアウトになっているためだ.これはどうもかなりストレスになりそうだ…Open Live Writer は Windows Live Writer と競合してアップロードしたファイルが開けなくなっている.

保存フォルダの整理は時間が掛かりそうなので後でやることにしよう.これまで土に埋もれて見えなかったメールもある程度発掘できる可能性がでてきた.

Open Live Writerの動作不良は多分アンインストールしてもう一度インストールしてやれば戻せるのではないかと思われるが,おそらくそうすると今度は確実に Windows Live Writer が動かなくなるものと思われる.どちらを取るか?という二択だ.デフォルトフォントがメイリオになるというのはどちらも同じだ.箇条書きリストが使えないというのはかなり痛い.CSSを修正するというのが早道かもしれないが,見つかるという保証はない.

いや,開けた.Windows Live Writer を完全に閉じてから Open Live Writer を開いたところ問題なく開けた.OLWなら箇条書きの番号やマークが見える.どちらも一長一短がある.どちらも使えるならちゃんぽんに使って使い勝手のよい方を選べばよいのではないか?OLWは文字がバカみたいに大きいところが却って使い易いかもしれない.少なくとも目の疲れ方が少し違うのではないだろうか?

今日の作業で一番痛手だったのはコーヒーをこぼして lenovo のキーボードの’G’と’H’が出なくなってしまったことだ.コーヒーをこぼしたのは2, 3日前だが,今日まで気付かなかった.普通のキーボードなら分解したこともあるが,ノートのキーボードでは手が出ない.2 in 1 のように分解できればよいのだが…

やはり動作がおかしい.投稿を繰り返すとエントリがそのたびに増えてしまう.やはりちゃんぽんは無理なのではないか?もう一度今度はWindows Live Writer から投稿してみよう.確かにダブりが生じる.どちらでも同じようだ.もう一つ似たような問題がある.投稿を重ねるとメディアライブラリの画像がそのたびに増殖してゆくという問題だ.これは必ずしもWLWとOLWをちゃんぽんに使うということとは関係ない.単独で編集している場合にも起こる現象だ.

多分これは仕様なのではないかと思われるのだが,あまりうれしくない…Live Writer は修正履歴を持っていて元に戻すことができるが,それをやるためには画像も保存しなくてはならないという理屈は分かるが,まったく更新されていない画像を毎回保存するというのはかなりひどいんじゃないかと思う…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA