Visual Studio 2017 でビルドして232個のエラーが発生!

午前9時半起床,晴れ.まだ少し気になる点は残っているが,先に進むことにしよう.Visual Studio 2017の使い初めだ.いや,すでに一度動かしてはいるが,まだビルドは実行していない.ソリューションをロードしたら,下図のようなパネルが出た.

image

①セットアッププロジェクトを開けない,②それ以外のプロジェクトはすべて自動変更され,元のバージョンでは開けなくなる.まぁ,それはそれでよいだろう.ついで次のパネルが出た.

image

MFCなどのライブラリを追加インストールするということのようだ.ブラウザが開いて変換レポートというのが表示された.

image

以下のコンポーネントがインストールされる.

image

ビルドしてエラーが219個出た.最初のエラーは:

エラー    BC40057    プロジェクト レベルのインポート ‘ZelkovaBeta’ で指定された名前空間または型が、パブリック メンバーを含んでいないか、または見つかりません。名前空間または型が定義されていて、少なくとも 1 つのパブリック メンバーを含んでいることを確認してください。また、インポートされた要素名にエイリアスが使用されていないことを確認してください。    ZelkovaVB3    D:\ZELKOVA_2020\ ZELKOVA\ZekovaVB\vbc    1    アクティブ

これはトップレベルのVBに関するエラーだ.下から一つづつビルドしてみよう.ZelkovaDLL3だけをビルドしたら却ってエラーの数は増えて232個になってしまった.これにはVBのエラーも含まれている.どうも使い難いIDEだ.DLL以外のプロジェクトを全部廃棄してZelkovaDLL3を単独でビルドしてみる.

エラー    MSB8036    Windows SDK バージョン 8.1 が見つかりませんでした。必要なバージョンの Windows SDK をインストールするか、プロジェクト プロパティ ページで SDK バージョンを変更するか、ソリューションを右クリックして [ソリューションの再ターゲット] を選択してください。    ZelkovaDLL3    C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio\2017\Community\Common7 IDE\VC\VCTargets\ Microsoft.Cpp.WindowsSDK.targets    46   

SDKのバージョンをチェックするにはどこを見ればよいのだろう?いや,その前にVC++のディレクトリが表示/設定できない.ツール→オプション→VC++ディレクトリは非推奨になってしまった.個別プロジェクトごとに設定するように変わったようだ.

VisualStudioを2005から2017に更新したら問題だらけだったので記録

最初のセットアッププロジェクトが使えないという問題に関しては「Microsoft Visual Studio 2017 Installer Projects」をインストールする」という解決が見つかったので,まずそれを実行しておこう.これは,ツール→拡張機能と更新プログラム→オンラインからインストールできる.プロジェクト→右クリック→プロパティ→VC++ ディレクトリでヘッダファイルへのパスを追加する.

しかし,このページは直接編集できない.⇒表示されている項目を直接編集することはできないが,その上にある入力ボックスから入力できる.ただし,すでに「評価されている項目」は固定で消去することも移動することもできない.なんとも使い辛いインタフェースだ.入力ボックス内では順序の変更はできる.これまでツール→オプション→プロジェクトおよびソリューション→VC++ディレクトリ→インクルードファイルで設定していた内容をここに記入すると今度は stdio.h などCのヘッダファイルが参照できない状態になってしまう.

どついたろか?!ったく,も~ 今日は寝る.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA