上書きインストールができるようになった

ようやくスムースにインストールできるようになった.マイクロソフトは一時廃止したセットアッププロジェクトを復活させているが,アップデートのルールが変わってしまっている.以前はRemovePreviousVersionがTRUEなら上書きインストールを黙って実行していたものが,パッケージに含まれる個別コンポーネントのファイルバージョンをチェックして新しいものでなければインストールしないという動作になっていた.バカげた仕様だと思うが従うしかない.ともかくこれでインストール上の問題は基本的に解決したのではないかと思われる.開発機はWindows 10 Version 1909の64ビット機なので現在使われているもっとも標準的構成と考えてよいと思う.

タブレットの「Windows Updateのクリーンアップができない」という問題でコマンドプロンプトから管理者権限で「Windows Updateコンポーネントをリセットする」ための一連のコマンドを実行するということをやっているが効果はなかった.あとはOSを再インストールするしかないのだが,その前に一応「後始末」を付けておこう.以下を実施する必要がある.

rmdir c:\windows\softwaredistribution.old /q /s
rmdir c:\windows\System32\catroot2.old /q /s

インストーラ生成手順については落ち着いてからもう一度考察することにする.先に進む前に面倒だがタブレットのOSの再インストールを片付けてしまうことにする.多分ユーザ領域を温存した再インストールができるはずだが,一番面倒なのはそのあと使っているアプリをすべて再インストールする必要があるという点だ.このマシンにインストールされているアプリをチェックしておこう.⇒このマシンには最小限のものしかインストールされていない.

  1. BlueGriffon version 3.1
  2. Google Chrome
  3. Google 日本語入力
  4. Java 8 Update 261
  5. Lhaplus
  6. Mery (x64) 2.6.7
  7. Microsoft Garage Mouse without Borders
  8. Mozilla Maintenance Service
  9. Mozilla Thunderbird 8.3.2 (x86 ja)
  10. Realtek SDIO Wireless LAN Driver
  11. Windows Essentials 2012
  12. カスペルスキーインターネットセキュリティ
  13. カスペルスキーセキュアコネクション

この他にマイクロソフト関係が3,インテルが2あるが多分プレインストールと思われるので自動的に補充されるはずだ.Windows Essentials 2012はOpen LIve Writerのことではないかと思う.Open LIve Writerのフォルダの設置場所はE:\My Weblog Posts.Optionsから設定できる.Thunderbirdの設定をエクスポートする方法が見つからない.⇒以下のデータをまるごとコピーして元に戻すというだけだ.

C\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\Thunderbird\profiles\<英数字>.default

データ本体は別のところに置いてあるが,多分アカウント情報はここにあると思われるので大丈夫だと思う.最悪アカウントを再設定したとしてもデータは外部にあるのでリンクするのは難しくない.拡張機能でアドオンを使うという手もある.⇒ImportExportTools NG はあったが無効になっている.Thunderbird 78.3.2と互換性がないという理由だ.⇒製品レビューには「Works great with Thunderbird 78.3.2.」のような書き込みもあるのだが…自動更新になっていて2020-03-19に更新されたことになっている.インストールされているのは4.0.4だが,ネット上にはもっと新しいバージョン10.0.1がある.

https://addons.thunderbird.net/en-US/thunderbird/addon/importexporttools-ng/

インストールできた.使えそうだ.いろいろなフォーマットが扱えるようになっているが,アカウント設定のエキスポート/インポートはできないような?一番簡単なのはヘルプ→トラブルシューティング情報→プロファイルフォルダーでデフォルトフォルダを開き,その内容をバックアップしてリストアでよいのではないか?ImportExportTools NGにはプロファイルのエクスポート/インポートがあるので多分それと同等のことができるのではないかと思う.⇒両方やっておくことにする.プロファイルのエクスポートはかなり時間が掛かりそうだ.⇒終わった.

さて,いよいよOSの再インストールに掛かるとしよう.設定→回復→このPCを初期状態に戻すを試してみる.「個人情報を保持する」を選択し,「このPCに最初から付属しているアプリと設定を復元」で初期化を実行する.⇒ディスク領域が足りませんになってしまった.多分以前試みたときもここで挫折していたものと思われる.1.56GB不足している.現状でCドライブの空き領域は2.48GBだ.⇒アプリをアンインストールしておこう.Thunderbirdはやはり結構大きかったようだ.

次のアプリ(上記以外)はWebまたはインストールディスクから再インストールする必要があると出た.

  1. Intel Processor Graphics
  2. Microsoft SQL Server 2005 Compact Edition [ENU]
  3. Microsoft Update Health Tools
  4. Update for Windows 10 for x64-based Systems (KB4480730)

OSの再インストール(設定→更新とセキュリティ→回復→このPCを初期状態に戻す)は難なく終わり,アプリの再インストールも順調に進んですでに午前中にあとはThunderbirdだけというところまで進んでいたのだが…その先で地獄を見ることになった.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA