春宮の傍系血族図で端点共有の始点不一致

SUPPORTSIMPLEGRAPHオフのバージョンで,源氏物語全系譜6.1.ZELの傍系血族図を#13 春宮で開いて,repairCommonEndPointで停止した.CheckSamePointでエラーが出ている.「端点共有で始点不一致」が起きている.repairCommonEndPointではPAIRBOX:#1237:#1120 藤壷の宮(2)→(0)を端点共有リストに移動しているが,最初から対象を間違えている.⇒いや,違う.これは誤差の累積だ.

この端点共有束には藤壷の宮と承香殿女御が入っている.区間は(4299, 1364)と(4302, 1680)だ.この結果,端点共有束としての区間は(4302, 1680)となり,明石の上の(4305, 1496)も誤差の範囲で一致する.これを避けるための唯一の方法は,端点共有リストの先頭につねに最大区間のノード対を置くようにすることだろう.それにはどうしたらよいか?

問題は区間を比較するとき,端点共有の場合は「正規化区間」というのを使っている点にある.正規化区間というのは言ってみれば「最大区間」と同じだが,誤差を含んでいるため許容誤差を3として±3以上の誤差を許容してしまうことになる.これをまず,廃止する必要がある.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA