重婚同類グラフで循環がないのに非連結になっている

午後4時半起床,曇りのち雨.朝食は薄切り食パントースト2枚,野菜サラダ.ネットアクセス時間を制限するためのタイマーは設定通りに作動したが,リスニングトレーニング中だったのでそのまま続行した結果,また大幅に予定時間を超過してしまった.ネットの閲覧範囲をよほど厳格に制限しないとこのままでは泥沼から抜けることができない.

反例サンプルは一応多重は解消した状態になっているが,果たしてこの修正が本当に正しいのか?収束しているのかどうかを確認する必要がある.仮修正がかなり残っているのでそれらをフィックスする必要があるが,この方向でよいという確証が出るまでは保留せざるを得ない.画面上の瑕疵に関しては一旦目をつぶって,机上の反例だけでもテストしてみることにする.リリース版を起こす段階ではないので,開発環境のリリースモードでテストしてみることにしよう.

机上の反例サンプルを集めたら9000本を超える大きなフォルダになった.どうもどこかでハングしている気配だ.画面も相当崩れていてかなりデグレードしているような気がする.障害は山のように発生している.反例2019-02-26という一番新しい反例に絞ってテストしてみることにする.このフォルダには4本しか入っていないが,すべてでエラーが起きた.いや,直近のサンプルでも「非連結」が残っている.重婚同類グラフで循環がないのに非連結になっているというのはかなりおかしい.やはりまずこれをフィックスすることが先決だろう.

始系列は[系列枠]: #501 odr=1 先祖=#327 CL(0)[1] 優先=#325 CK(0)だが,始系列を直接参照している系列がない.これはかなりおかしい.というか,これでは解けない.TribeRelocationのステージ【5.1】絶対世代番号に基づいてカードシフトでは始系列を参照している系列が3つある.

  1. #509 odr=3 HM=1 先祖=#217 AI(0)[3] 優先=#728 AA(1)→#201 AA(0)
  2. #541 odr=7 HM=1 先祖=#341 CS(0)[7] 優先=#737 AA(2)→#201 AA(0) →主系列#501:CL
  3. #549 odr=9 HM=0 先祖=#471 FK(0)[9] 優先=#740 AA(3)→#201 AA(0) →主系列#501:CL

いや検定出口でも状況は同じだ.いずれも参照実ノードはAA(0)になっている.判定関数がBTWの仕様変更に対応していないのではないだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA